ぎっくり腰、首の寝違い

ぎっくり腰、寝違いとは

こんな症状があると、ぎっくり腰と言われます

strainedback_sleepingdifference_img_01

  • 腰が痛くてイスから立ち上がれない
  • 寝返りやベッドからの起き上り時に腰が痛くて苦労する
  • 息をするだけで肋骨が痛い
  • 朝、前かがみで顔を洗うとき腰が痛い
  • 腰が痛くて歩けない

また、こんな症状があると、寝違いと言われます

strainedback_sleepingdifference_img_02

  • 朝起きたらすごく首が痛かった
  • 首が痛くて起き上るのがしんどい
  • 痛くて上も下も横も向けない
  • 少しでも首を動かすとズキッと痛む
  • 首が痛くて夜眠れない

病院で言われる痛みの一般的な原因

strainedback_sleepingdifference_img_03
病院では腰や首のレントゲンを撮って、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症と言われることが多いです。(病院も患者様には必ず病名を付けないといけないですから(^^ゞ)

ぎっくり腰になった人の特徴は…

  • 重たい物を持った後、だんだん痛くなってきた
  • くしゃみをした瞬間にズキッとした
  • 顔を洗っている時に激痛が走った

また、寝違いになった方の特徴は、朝目が覚めたら首が痛くなっていた方が圧倒的に多いです。

病院で行われる痛みの一般的な治療

  • 痛み止めの服薬
  • 痛み止めの注射
  • 安静

しかし、上記の治療では、まず改善しないのが現状です。

AKS療法サロンならではの治療方法

AKS療法サロンにはこんな方が来られています

  • とにかく痛み無く、動けるようにしてほしい
  • 今日中になんとか治してほしい
  • 今晩はぐっすり眠れるように痛みを取ってほしい
  • 年に一回はぎっくり腰を起こしてしまうので、根本治療してほしい
  • 身体に負担を掛けずに治してほしい

ぎっくり腰、寝違いの原因は関節ストレス。だからAKA療法です

AKS療法サロンでは…

  • 20,000症例(70,000回)の中のぎっくり腰、寝違いの治療経験
  • AKA – AKSセミナーで、ぎっくり腰、寝違いの治療法を講師として教える実績
  • 関節だけをコントロールする優しい刺激のAKA療法

により、痛みの出現の仕方によって、痛みの原因関節を明らかに出来るようになりました。よって、その関節のAKA療法をすれば、痛みは改善するのです。

立ち上がりや洗顔など、前屈みの痛み

strainedback_sleepingdifference_photo_01

原因は骨盤の関節(仙腸関節)にあります。
前屈は、骨盤の関節(仙腸関節)へ負担が掛かっているため、骨盤の関節(仙腸関節)のAKA療法が効果的です。(2~3分で効果を実感して頂けます)

寝返りやベッドからの起き上がりなど身体のひねりの痛み

strainedback_sleepingdifference_photo_02

原因は下の方の肋骨の関節(第11・第12肋椎関節)にあります。
ひねりは下の方の肋骨に負担が掛かっているため、下位肋骨のAKA療法が効果的です。(1分で効果を実感して頂けます)

寝違い(首)の痛み

strainedback_sleepingdifference_photo_03

原因は上の方の肋骨の関節(第1・第2肋椎関節)にあります。
首の動きは上の方の肋骨に負担が掛かっているため、上位肋骨のAKA療法が効果的です。(一瞬で効果を実感して頂けます)

AKS療法サロンでの治療頻度

strainedback_sleepingdifference_img_04
急性期のぎっくり腰や寝違いの原因は、上記関節への負担がほとんどです。よって、関節に対するAKA療法が100%適応します。

症状が落ち着くまでは月に1~2回、症状が改善してきたら1~3か月に1回のAKA – AKS療法がお勧めです。

また、同じような症状を定期的に繰り返している方も是非、AKS療法サロンへお越しください。