脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは

こんな症状があると、脊柱管狭窄症と言われます

sekichukankyosakusho_img_01

歩きの問題(間欠跛行 – かんけつはこう)
数分歩くと、下肢の痛みやしびれ、脱力のために歩けなくなるが、前かがみで少し休むとまた歩けるようになる。これは「間欠跛行(かんけつはこう)」と言われ、脊柱管狭窄症の最大の特徴です。

sekichukankyosakusho_img_02

特徴的な腰痛
前かがみでは症状は無いか比較的軽いが、腰を反らすと痛みが強くなる。
自律神経症状
症状を放置していると、睡眠障害やストレス、頻尿や残尿感などの排尿障害が起こることもあります。

病院で言われる痛みの一般的な原因

sekichukankyosakusho_img_03
ヒトの脊椎(頸椎から仙椎)には脊髄神経を入れているトンネルがあります。これを脊柱管と言います。

このうち、レントゲンやMRIで腰の部分の脊柱管が狭くなっていると(腰部)脊柱管狭窄症と診断されます。

症状の一般的な原因は、この狭くなった脊柱管のトンネルが脊髄神経を圧迫して歩行時の痛みや腰痛を引き起こしていると言われています。脊柱管狭窄症になりやすい人の特徴は…

  • 前かがみや座りっぱなしなど長時間同じ姿勢を続けている
  • 腰に負担のかかるスポーツや動作を長期間続けていた
  • 腰椎分離症、腰椎すべり症と言われたことがある

などで、症状が起きやすいのは50~80歳くらいの年代と言われています。

病院で行われる痛みの一般的な治療

  1. リハビリテーション(電気治療やマッサージ、ストレッチなど)
  2. 服薬(痛み止めや血流改善、神経活動抑制など)
  3. ブロック注射(脊柱管の中に痛み止めを注入)
  4. 1〜3で改善しなければ、脊柱管の圧迫を取り除く手術が勧められる

しかし、上記の治療で改善したという患者様は少ないのが現状です。

ではなぜ、一般的な治療では改善しないのか?

sekichukankyosakusho_img_04リハビリや服薬、ブロック注射、果てには手術…

なぜ、これほどまでして痛みが改善しないのか? 答えはすごく簡単です。

それは脊柱管とは別の場所に痛みの原因があるからです!!

では、その原因はどこにあるのか? それは骨盤の関節(仙腸関節)もしくは骨盤の前にある筋肉のこり固まりです。

AKS療法サロンならではの治療方法

AKS療法サロンにはこんな方が来られています

  • とにかく痛みを改善してもっと長く歩けるようになりたい
  • リハビリや服薬、ブロック注射も何度か行っているが一向に改善しない
  • 大きな病院(大学病院など)を紹介され受診したら、手術しかないと言われた
  • 大きな病院(大学病院など)で手術をしたが痛みやしびれが改善しない
  • とにかく手術だけはしたくない
  • AKA療法では改善できない痛みに、AKS療法が効くと知人に聞いた

最初にAKA療法を行うことで痛みの本当の原因がわかる!!

AKS療法サロンでは…

  • 20,000症例(70,000回)の治療経験
  • 当サロンが極めた「世界で一番優しい、関節に対するAKA療法
  • 当サロンが生んだ「世界で唯一の、筋肉に対するAKS療法

により、脊柱管狭窄症の痛みを改善する治療法則を生み出しました。

【第1の治療法則】原因の30%は、骨盤の関節である

sekichukankyosakusho_img_05
最初に骨盤の関節(仙腸関節)に対するAKA療法を行う。

痛みが改善した場合
痛みの原因は骨盤の関節(仙腸関節)にあり、原因の30%を占めます。
この場合、痛みは1~2週間と比較的早く改善します。
痛みが改善しない場合
痛みの原因は筋肉にある可能性が高いので、第2の治療法則へ。

【第2の治療法則】原因の50%は、骨盤前面の筋のこり固まりである

sekichukankyosakusho_img_06
AKA療法で改善されない場合、骨盤前面の筋肉にこり固まりがあるか簡単な検査をします。

筋のこり固まりがある場合
筋肉に対するAKS療法を行います。これは脊柱管狭窄症状の原因の50%を占めます。
この場合、4~8週くらいで症状が改善していきます。
筋のこり固まりがない場合
痛みの原因は関節や筋肉以外にある可能性があるので第3の治療法則へ。

【第3の治療法則】その他の原因に対しても徹底的にアプローチ

sekichukankyosakusho_img_07

骨盤の関節(仙腸関節)、骨盤前面の筋肉に原因がない場合、その原因は脊柱管自体や、脊柱につながっている肋骨との関節、肋骨とつながっている筋肉のこり固まりなど多岐にわたります。
この場合、6~12週くらいで症状が改善していきます。
あなたの症状に対応したAKA – AKS療法を展開していきます。

当サロンでの治療頻度

症状が落ち着くまでは月に1〜2回、症状が改善してきたら1~3か月に1回のAKA – AKS療法がおすすめです。

関節に対するAKA療法、筋肉に対するAKS療法を受けることにより、初めて痛みの原因がわかります。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は、是非、AKS療法サロンへお越しください。

自宅で出来る! 筋のこり固まりの簡単チェック

以下に、脊柱管狭窄症の原因の50%を占める、骨盤前面の筋のこり固まりを簡単にチェックする方法をご紹介します。

2つの検査のうち 1つでも異常がある場合は、筋肉のこり固まりに対するAKS療法で症状が改善します。

2つの検査で異常が認められない場合は、関節に対するAKA療法が効果的です。

こり固まり検査 ①

開始姿勢は、うつ伏せの状態で行います。

sk-photo_01
膝を曲げて踵を臀部に近づける
sk-photo_02
踵が臀部に付けば正常
sk-photo_03
踵と臀部の距離がこぶし 1個分以上ある場合は、こり固まりがあり!

こり固まり検査 ②

開始姿勢は、うつ伏せで膝を90°屈曲状態で行います。

sk-photo_04
下腿を内側に傾ける
sk-photo_05
下腿が内側に45°以上傾けば正常
sk-photo_06
下腿が少ししか傾かない(30°未満)場合は、こり固まりがあり!

上記2つの検査のうち1つでも異常がある場合は、筋肉のこり固まりに対するAKS療法で症状が改善します。
2つの検査で異常が認められない場合は、関節に対するAKA療法が効果的です。

実際の治療

AKA療法

sk-photo_07

AKS療法

sk-photo_08