ホーム

患者様へto patients

あなたの願いを叶える、
AKS療法サロン

あきらめかけていた痛みや痺れが改善し、笑顔を取り戻した患者様イメージ

あきらめかけていた痛みやしびれが改善し、笑顔を取り戻した患者様

AKS療法サロンを訪れる患者様の多くは、長年にわたり痛みやしびれに苦しむ方が多いです。

中でも、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアで歩行や日常生活に支障をきたす方が、藁にもすがる思いで訪れます。

  • 大きな病院で診てもらったら手術しかないと言われて、それだけは絶対に嫌だからなんとかして欲しい…
  • 痛み止めの薬を飲まなくても、以前のように歩けるようになりたい…
  • 座ることすらままならない状態を治して、職場復帰を果たしたい…

患者様一人ひとり、さまざまなお悩みを抱えています。しかし、みなさまが共通して思うことは…

痛みやしびれを改善して、以前のような生活がしたい!

と言うことです。

AKS療法サロンでは、そのような患者様に「最後の治療」を受けていただき、これまでに多くの笑顔を取り戻してきました。

詳しくはこちら

あなたの願いを叶える最後の治療家、山内 義弘イメージ

あなたの願いを叶える最後の治療家、山内 義弘

改めまして、こんにちは。AKS療法サロン代表の山内 義弘と申します。

理学療法士、徒手療法士、そしてAKS療法の開発者として、これまで多くの患者様の痛みやしびれと向き合ってきました。

私が、治療家を目指した原点。それは、あなたが痛みやしびれで辛い思いをしているのと同じように、私も苦しんだ経験があるからです。

学生時代。ずっと野球をやっていました。とにかくケガに悩まされ多くの先生に診ていただきました。そんな中、高校生の時に出会った先生の治療に衝撃を覚えました。

はじめは強い刺激のある治療でしたが良くならず、2回目も同じ。そして、3回目。これまでとは違う、優しい刺激の治療をしていただきました。

私は、物足りなく感じていましたが、治療後に痛みを確認すると全く感じなかったのです! その後、数回の治療で完治し全力で野球ができるまでになりました。

この体験以降「先生に診てもらえば、なんとかしてくれる」と言う安心感から、ケガや痛みがあるたびに相談するようになりました。

そして先生は、私にとって「最後の治療家」となりました。

それから紆余曲折を経て、私自身が治療家となりました。ただの治療家ではなく、患者様にとって最後の治療家となれる存在です。

痛みやしびれを改善して、やりたいこと、目標を現実にする。強い想いで、あなたの願いを叶えます。

詳しくはこちら

そっと触れる優しい感覚で、驚くほど痛みや痺れを改善イメージ

そっと触れる優しい感覚で、驚くほど痛みやしびれを改善

AKS療法サロンで治療を受けられた患者様のほとんどが、あまりにも優しい治療に驚かれます。感覚としては、そっと触れているだけのように思えるほど。

そして、たった1回の治療であっても確かな効果を実感いただけることで、さらに驚かれます。

そんな優しい感覚で痛みやしびれが改善するなんて、一体どんな治療をするのだろう? と気になった方もいるのではないでしょうか。

AKS療法サロンでは、関節、筋肉、神経の順に痛みやしびれの原因を追求し改善に導く手技「AKS療法」で治療いたします。

関節に痛みやしびれの原因がある場合に有効とされる手技「AKA療法」をさらに進化させて、山内 義弘が開発いたしました

これまでに、25,000症例/75,000回以上(2020年7月現在)の治療実績がございます。

詳しくはこちら

AKSテレ療法イメージ

まずは、AKSテレ療法(オンライン診療)でお悩みを伺わせてください

AKS療法サロンでは、これまで東京と名古屋で患者様を治療してまいりました。

しかし、遠方のため治療を受けたくても来られないという方や、体調によって出歩くことができず頻繁に治療を受けられない方もみえました。

また、コロナ禍で対面治療を不安に思う方がいる中、安心して治療を受けていただくため、新しい治療スタイルを確立いたしました。

それが「AKSテレ療法(オンライン診療)」です。パソコン・スマホ越しに会話をしながら症状を伺い、痛みやしびれの原因を特定します。

そして、改善するための手技を私、山内 義弘が親切丁寧にレクチャーして患者様自身で直接アプローチしていただきます。

これにより…

  • 遠方にお住まいの方でも、治療が受けられる
  • 痛みやしびれがあっても、家にいながら治療が受けられる
  • 対面ではないので、安心して治療が受けられる

といったメリットがあります。すでに治療実績が多数あり、患者様からも好評いただいています。

これからは、初診をAKSテレ療法で行い2回目以降はテレ療法もしくは直接診療してまいります。気になる方は、まずは気軽にお悩みを伺わせてください。

優しい刺激で改善する。AKS療法サロンの治療風景を動画でご覧ください

AKS療法サロンについてご紹介いたしましたが、百聞は一見にしかず。実際に、治療風景を動画で見ていただく方がイメージは掴みやすいかもしれません。

患者様に向けて、YouTubeチャンネルで積極的に配信も行っております。よろしければそちらもご覧ください。

詳しくはこちら

治療家様へto the healer

すべての治療家・セラピストのための、AKS療法アカデミー

より多くの患者様を笑顔にしたい。そんな想いに応えるAKA - AKS療法イメージ

より多くの患者様を笑顔にしたい。そんな想いに応えるAKS療法

AKS療法は、患者様への負担が少ない優しい刺激で治療する手技です。

そして、痛みを薬で紛らわしたりその場しのぎで取り除くような治療ではなく、根本にアプローチし改善いたします。

つまり、患者様には以前のような生活を取り戻し、心の底から笑顔になっていただきます。

それだけ価値のある手技を、すべての治療家・セラピストのみなさまに学んでいただく場があります。

それが「AKS療法アカデミー」。

これまでに、5,000名以上(2020年7月現在)の方が受講。新しい手技を身につけて、患者様の笑顔を取り戻しています。

そして、患者様の深い悩みを解決できる、治せる治療家になることで…

  • 患者様の信頼獲得
  • 高単価でも選ばれる、ゆとりある運営

を実現させています。

もし、治療家・セラピストとしてさらなる飛躍をしたいとお考えでしたら、AKS療法アカデミーについて知ってください。

詳しくはこちら

「最後の治療家」を一人でも多く育てたい。山内 義弘の想いイメージ

「最後の治療家」を一人でも多く育てたい。山内 義弘の想い

こんにちは。AKS療法開発者の山内 義弘です。

患者様に向けたメッセージでも触れたのですが、今の私があるのは私にとって「最後の治療家」となる先生との出会いがあったからです。

野球に明け暮れていた高校1年生の秋のこと。ある朝突然、起き上がれないほどの腰の痛みに襲われました。何をしても改善しない。そんな中、先生と出会いました。

はじめの治療は強めの刺激。改善はみられませんでした。2回目も。そして3回目。腰の関節を優しく動かす新たな治療をしてくださいました。

物足りなさを覚えるくらいの刺激でしたが結果、ものすごく楽になりました。その後、数回の治療を経て全力で野球ができるまでに改善しました。

この時の体験が、治療家としての基礎になっていることは言うまでもありません。

その後、社会人となり建築設計事務所に就職したある日のこと。総合病院の設計をする際に理学療法士の存在を知り、素晴らしさのあまり目指すことに。

猛勉強をして理学療法士となり、山梨県にあるAKA-博田法専門病院に勤務。ここでAKA-博田法を習得し、院内で治癒率No.1と言われるまでになりました。

数年後、名古屋に戻り整形外科に勤務するなどして独立に至りました。

AKA-博田法に絶対的な自信がありましたが、五十肩や脊柱管狭窄症など筋肉が原因の痛みには弱いことを知り悩みました。

五十肩や脊柱管狭窄症で苦しんでいる患者様は多く、何とか助けたい。そんな想いで試行錯誤を繰り返し、AKA療法を進化させた「AKS療法」を開発いたしました。

関節由来の痛みやしびれはもちろん、筋肉、神経由来の痛みやしびれにもしっかりアプローチができて、多くの患者様に喜んでいただけるようになりました。

今となっては、私を訪ねる患者様の80%以上が脊柱管狭窄症で苦しんでいる方で、改善して笑顔を取り戻される方がほとんどです。

そして、私の治療を受けてくださった患者様からは「山内先生に診てもらえれば、何とかなるから安心」と言葉をかけていただけるまでになりました。

私が目指し続ける「最後の治療家」。この想いを多くの治療家・セラピストの皆様にもお伝えして、患者様にとって最後の治療家を一人でも多く育てたい

試行錯誤の果てに開発したAKS療法をしっかりと身に付けていただき、治せる治療家として幅を広げていただきたい。それが、今の目標です。

詳しくはこちら

AKSテレ療法で患者様を笑顔にするイメージ

新しい生活様式にも対応したAKSテレ療法で、患者様を笑顔にする

コロナ禍で対面治療を不安に思う患者様がみえる中、治療家・セラピストのみなさまにとっては苦しい状況だと思います。

しかし、新しい生活様式に私たちも対応していかなければなりません。そこで新しく「AKSテレ療法(オンライン診療)」を確立いたしました。

パソコン・スマホ越しに会話をしながら、改善を目指します。痛みやしびれの原因箇所にアプローチするやり方をレクチャーし、患者様自身で実践していただきます。

そのためのノウハウや患者様にレクチャーするためのポイントなどを広く発信するため、「一般社団法人AKSテレ療法協会」を2020年7月15日に設立いたします。

現在、そのための準備も進めております。ホームページが完成しましたら、改めてご案内いたしますので気にしていただけますと幸いです。